2019年3月18日 (月)

IgM

免疫系 抗体 
< IgM > 

感染後最も早く作られる抗体
一次免疫応答反応
他の抗体より分子量が大きい

オプソニン作用 

*AEAJ認定アロマテラピーインストラクターの試験に向けて、個人的にまとめたものです
*無断での記事の転載は禁止します 

http://confiore.net  (c) conFiore All Rights Reserved 2006-    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月17日 (日)

IgA

免疫系 抗体 
< IgA > 

唾液・初乳に含まれる
粘膜系防御機能。
分泌時2量体 

*AEAJ認定アロマテラピーインストラクターの試験に向けて、個人的にまとめたものです
*無断での記事の転載は禁止します 

http://confiore.net  (c) conFiore All Rights Reserved 2006-    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月16日 (土)

IgG

免疫系 抗体 
< IgG > 

免疫グロブリンの75%。
血清中最多
感染後約3週間から作られるため、即効性はない。
母体から胎盤を通じて胎児に移り、生後3か月くらいになるまで、子供を抗原から守る。
2次免疫応答反応。多量に産生
オプソニン作用 

*AEAJ認定アロマテラピーインストラクターの試験に向けて、個人的にまとめたものです
*無断での記事の転載は禁止します 

http://confiore.net  (c) conFiore All Rights Reserved 2006-    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月15日 (金)

免疫グロブリン

免疫系 抗体 
< 免疫グロブリン > 

immunoglolin。 
Ig G.A.M.D.Eの5種類
抗体の代表的なもの 

*AEAJ認定アロマテラピーインストラクターの試験に向けて、個人的にまとめたものです
*無断での記事の転載は禁止します 

http://confiore.net  (c) conFiore All Rights Reserved 2006-    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

抗体

免疫系 抗体
< 抗体 >

病原体に対する抵抗物質
免疫グロブリン
たんぱく質 細菌やウイルスなどの抗原と結合し、感染力を失わせる作用 抗原が体内に侵入すると、その抗原とのみ特異的に結合できる抗体が体内で作られる

*AEAJ認定アロマテラピーインストラクターの試験に向けて、個人的にまとめたものです
*無断での記事の転載は禁止します

http://confiore.net (c) conFiore All Rights Reserved 2006-    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月13日 (水)

特異的防御機構

免疫系 免疫
< 特異的防御機構 >

異物(抗原)を特異的に反応処理
好中球・単球では解決できない場合、リンパ球を中心とする免疫反応

マクロファージ⇒抗原貪食⇒抗原提示:抗原特徴をT細胞へ提示⇒T細胞⇒リンホカイン:生理活性物質算出⇒マクロファージへ⇒食作用を活性化⇒モノカイン:活性物質産出

*AEAJ認定アロマテラピーインストラクターの試験に向けて、個人的にまとめたものです
*無断での記事の転載は禁止します

http://confiore.net (c) conFiore All Rights Reserved 2006-    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月12日 (火)

非特異的防御機構

免疫系 免疫
< 非特異的防御機構 >

一般的防御機構
一般的な異物の侵入を阻止・排除
障壁防御:皮膚・粘膜。体外からの異物の侵入を防御。細菌の増殖を抑制

異物侵入⇒炎症反応⇒血管拡張⇒白血球など血管外に出て戦う
感染後約2時間で好中球増殖⇒異物を摂食・消化⇒死滅した好中球・異物・細胞の残骸⇒膿の成分⇒単球(マクロファージ)⇒死滅した好中球など貪食

*AEAJ認定アロマテラピーインストラクターの試験に向けて、個人的にまとめたものです
*無断での記事の転載は禁止します

http://confiore.net (c) conFiore All Rights Reserved 2006-    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月11日 (月)

免疫システム

免疫系 免疫
< 免疫システム >

2段階防御機構
非特異的防御機構
特異的防御機構

*AEAJ認定アロマテラピーインストラクターの試験に向けて、個人的にまとめたものです
*無断での記事の転載は禁止します

http://confiore.net (c) conFiore All Rights Reserved 2006-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月10日 (日)

リンパ管

免疫系 白血球 
< リンパ管 > 

静脈によく似ていて、ところどころに弁がある
静脈血管と隣り合って流れることを多く、流れている途中で静脈の成分のやりとりを行う
心臓のようなポンプがなく、筋肉の収縮によって循環する 

*AEAJ認定アロマテラピーインストラクターの試験に向けて、個人的にまとめたものです
*無断での記事の転載は禁止します 

http://confiore.net  (c) conFiore All Rights Reserved 2006-    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 9日 (土)

リンパ節

免疫系 白血球 
< リンパ節 > 

リンパ管のところどころにあるあずきぐらいの大きさ
耳下、腋下、ソケイ部などに特に集まっている
リンパ液中の異物に対して免疫反応が行われる
リンパ液を濾過し、きれになったリンパ液を血管に返す 

*AEAJ認定アロマテラピーインストラクターの試験に向けて、個人的にまとめたものです
*無断での記事の転載は禁止します 

http://confiore.net  (c) conFiore All Rights Reserved 2006-    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«リンパ液