« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月23日 (月)

9週目:今週の精油”ペパーミント”

ペパーミント:peppermint

すっきり爽やかな香りで花粉症の季節に大活躍


《かんたんレシピ》

鼻スプレー


ペパーミント + ティートリー + レモン


花粉症の季節に不快な鼻づまりをすっきり


《topics》

ギリシャ神話の冥界神ハーデースが熱烈に少女メンターを追いかけたので、嫉妬深い妃はメンターをいじめ、残忍に地面で踏みにじってしまいました。それを哀れんだハーデースがメンターを一本のハーブに変身させました。

ペパーミントは古代エジプトの時代から使用されていました。ローマ人は宴会の席でペパーミントの冠をかぶり、解毒効果を知っていたといわれています。消毒作用の他にも、解熱作用や消炎作用などもあり、捻挫や筋肉痛・頭痛などにも使えます。日本独自の薄荷はペパーミントの仲間です。


● 注意 ●

皮膚と粘膜を刺激する恐れがあります。少量でご使用ください。眼の近くでは使用しないようにしましょう。また、妊娠中や授乳中の使用は避けてください。ホメオパシーの薬剤を解毒してしまう恐れがあります。

| | コメント (0)

2009年2月16日 (月)

8週目:今週の精油”ローズウッド”

ローズウッド:rosewood


ローズの香り漂う樹木

ウッディーでフローラルなあまい香り


《かんたんレシピ》

フェイスローション


ローズウッド + フランキンセンス + ゼラニウム


細胞に刺激剤であるローズウッド。冬の乾燥で疲れた肌に。


《topics》

ローズという名がつきますが、バラとは全く違った種類の樹木です。バラの香りのする心材はフランスで飾り棚やブラシ・ナイフの柄をつくるのによく使用されました。
細胞組織のバランスを整え、加温する作用があることから、肌の水分量を戻してくれるのに役立ちます。また肌だけではなく中枢神経も安定させるので、疲れた肌にも心にも潤いを与えてくれることでしょう。

今ではブラジル産が一般的ですが、カイエンヌ産の精油は、わずかにスズランの香りがするといわれています。

ブラジルでは、この気の絶滅を防ぐために、一本伐採するたびに、新しい木を一株づつ植樹することを蒸留業者に命ずる法律を定めています。


● 注意 ●

特に注意事項はありません

| | コメント (0)

2009年2月11日 (水)

7週目:今週の精油"ローズabs"

ローズアブソリュート:rose absolute


「香りの女王」

優雅で気品のある濃厚な香り


《かんたんレシピ》

練り香


ローズアブソリュート + ベルガモット


女性らしさを引出し、気分を安定させてくれます。


《topics》

美の象徴でもあるバラは古くから人々に愛され、古代ローマ人はお部屋やお風呂をバラでいっぱいにしたり、香水や薬に使用したり、水やワインなどに香りを移したりしていたそうです。

ローズアブソリュートは、溶剤抽出法で抽出されたもので、主に芳香浴で使用されますが、ホルモンバランスを整えたり心を穏やかに安定させてくれます。

女性らしさを高めるだけでなく、男性の場合には強壮作用が働きかけて、男らしさを引き出すと言われています。


大量の花びらからわずかしかとれないため、大変高価な精油です。


● 注意 ●

有機溶剤で抽出されているため、トリートメントなどに使用する場合は必ずバッチテストなどをして皮膚への影響を確認してください。また、妊娠中の使用はできるだけ控えてください。


| | コメント (0)

2009年2月 6日 (金)

花粉症対策

2月に入り、花粉が本格的に飛散し始めました


来週は気温もあがり、花粉の飛散量が増えるようです。


皆様、もう対策はお済ですか?


アロマテラピーで少しでも症状を緩和しましょう


≪花粉と戦う身体つくりのためのオイル≫


植物油 30ml


ユーカリ(2) ティートリー(3) ラベンダー(1)


お風呂上がりに、鎖骨周りを中心にゆっくり肌に浸透させるように胸に塗ってみましょう



≪楽にな~れオイル≫

植物油 5ml

ペパーミント(1)


鼻がとまらない。くしゃみがとまらない。

そんな時に、オイルを鼻の下に塗ります。


≪すっきりきれいにするスプレー≫

精製水 150ml

無水エタノール 50ml


ティートリー(20) レモン(5) サイプレス(15)

お部屋や洋服などにスプレーして、空気を殺菌しましょう

(洋服など生地に直接スプレーしますと、繊維によってはしみになることがありますので、注意してください)


少しでも快適にこの時期を過ごしたいですね。

お部屋に殺菌作用の強い精油を焚くのも有効です



*レシピは使用例の1部です。ご自分で作成されたものでのトラブルに関する責任は、いかなる理由であれ、いっさいおうけできませんので、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2009年2月 2日 (月)

6週目:今週の精油”ユーカリ”

ユーカリ:eucalyptus

風邪をひいた・・・と思ったら


《かんたんレシピ》

マッサージオイル


ユーカリ + ペパーミント + レモン


せきや鼻水、喉の痛みに

首から胸にかけて優しくマッサージ


《topics》

爽やかですっきりとした香りのユーカリは、オーストラリアのアボリジニの人々が万能薬として利用してきました。

強い殺菌作用と抗ウィルス作用で風邪等の感染症に効果があると言われています。

消炎作用や鎮静作用があるので、咳や喉の痛み、ぜんそくや鼻水に有効です。


また、免疫力や集中力を高めてくれる働きもあります。


● 注意 ●

高血圧症やてんかんの持病がある方、子供は使用しないほうがよいでしょう。


| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »