« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年8月

2009年8月25日 (火)

35週目:今週の精油”カモミールジャーマン”

カモミールジャーマン:chamomile german

皮膚の万能薬


《かんたんレシピ》

クリーム


カモミールジャーマン + ラベンダー


炎症を抑える作用で肌荒れの改善に


《topics》

カモミールジャーマンは、カモミールローマンよりも>甘くフルーティーで濃厚な香り。濃い青色の精油です。

カモミールジャーマンの近くに植えられた草木の病気を治すことから、「植物のお医者さん」と昔から言われているそうです。

古代から病気の治療やシャンプーなどに幅広く利用されています。

日本では「カミツレ」と呼ばれていますが、薬やシャンプーなどで見覚えのある方もいらっしゃるのでは?

他にも、安眠を促したり関節の痛みや更年期障害、生理痛の症状を和らげる作用があります。


● 注意 ●

人によっては炎症を起こす場合があります。必ずパッチテストを行って下さい。

妊娠初期は使用を控えてください。

| | コメント (0)

34週目:今週の精油”ひのき”

ヒノキ:Hinoki

日本古来の森林浴気分を


《かんたんレシピ》

~バスソルト~


ヒノキ + 塩


夏に疲れた心と身体に休息を


《topics》

日本古来から神社仏閣などの建築資材として使われてきたヒノキ。
虫害にも湿気にも強いため、雨が多く湿度の高い日本では、重宝されてきました。
ヒノキの精油には、精神を沈静化させ炎症を抑える作用があり、疲労回復にも効果があるといわれています。

ヒノキ風呂に入ると、ゆったりした気分になりませんか?
殺菌力も強いので、汗で増殖する菌にも有効です。

夏に無理した体と心をゆっくりと休めてあげてください。


● 注意 ●

皮膚を刺激する場合があります。使用量にご注意ください。

妊娠中の使用は控えてください。

| | コメント (0)

2009年8月10日 (月)

33週目;今週の精油”ゼラニウム”

ゼラニウム:Geranium

夏のむくんだ肌に


《かんたんレシピ》
~マッサージオイル~

ゼラニウム・ローズマリー・ラベンダー

夏は基礎代謝が落ちています。
むくみを取り除いてあげましょう


《topics》

いろいろな種類があるゼラニウム。甘くて重厚なほんの少しバラを思わせる香り。
精油に使われるのは、ニオイテンジクアオイという種類のものです。すばらしい治癒力をもつ植物とみなされ、さらに悪霊払いのために家の周りに植えていました。今でもヨーロッパにいくと、真っ赤なゼラニウムの花がベランダに咲き誇っている家をよく見かけます。この風習の名残かもしれませんね。

香水や石鹸によく使われている香りですが、利尿作用や体内の毒素を排出してくれます。神経系の強壮剤にもなり、ホルモンバランスも整えてくれます。また、皮脂のバランスを保ち、やけど、疱疹、しもやけなどにも好反応をしめします。
むくみを取り除くだけでなく、夏の日焼けした肌にも効果的。夏にはかかせない精油です。


● 注意 ●
皮膚を刺激する場合があります。
ホルモン系に働きかけるので、妊娠中の使用は控えてください。


| | コメント (0)

32週目;今週の精油”レモン”

レモン:lemon

デオドラント効果もある
夏に活躍の精油


《かんたんレシピ》
~フェイスローション~

レモン + ラベンダー

紫外線の強いこの時期のお肌に


《topics》

レモンは、誰にでも好まれる爽やかな香りで気分転換にはぴったりの精油です。

血行を良くし肌の色の明るさを取り戻してくれるので、エアコンや日焼けによる乾燥で疲れやすい肌に働きかけます。
また、リフレッシュしながらも気分を冷静にしてくれます。

免疫力を高め感染症を予防する作用もあるので、夏風邪がはやりやすいこの時期にもおすすめです。


● 注意 ●
肌につけた状態で日光を浴びると、炎症を起こす場合があります。つけてから12時間は日光を浴びないように気をつけましょう。
皮膚に刺激があるので、使い過ぎないように使用量にご注意下さい。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »