« ギフトショー | トップページ | 3月の香り~ペパーミント »

2011年2月 7日 (月)

香水よりもアロマスプレー

本日の堂本兄弟のゲスト藤原紀香さんが、アロマスプレーを紹介していました。

香水ほど香りがきつくなく、心地よいとのことでした。

アロマスプレーは、天然精油で作成され、単体の香りで楽しむこともでき、また香りを混ぜることによって深みを出すこともできます。

そもそも香水とは、その昔天然精油だけで作られました。その歴史は紀元前にまでさかのぼることができますが、香水という定義ができた始まりといわれるのは、ドイツのケルン地方で胃腸薬として作られた「ケルン水」です。かんきつ系を中心に作られたその香りは、胃腸薬としてだけでなく香りとしても楽しまれ、その後フランスに渡り、現在の香水のもととなったと伝えられています。「オーデコロン(eau de cologne)」とは、フランス語でケルンの水という意味です。

人工香料が主流になった最近では、香りの持続性やいろいろな香りを組み合わせ今のような香水になりましたが、薬効を期待することはできません。

天然精油で作る香水には、治療効果のあるものがありました。現在では、精油に薬効があるという研究も進められていますが、香りが脳に直接届き、リフレッシュやリラックスに有効なのは、よく知られています。

堂本兄弟でも、堂本剛くんが、飛行機に乗る時など「ラベンダー」を使っているといっていました。ラベンダーは、リラックス効果が高く、夜眠れない時などに使うとよいといわれています。
アロマテラピーの研究が本格的に始められたきっかけもラベンダーで、アロマテラピーの中でも、もっともポピュラーなものではないでしょうか?

ぜひ皆様も日常にアロマテラピーを取り入れてみてください。

~アロマスプレーの作り方~

無水エタノール(アルコール)5%程度・精製水
好きな香り2・3種類

精油の分量を1%程度から始めてください。
なれてきたら、オーデコロンや香水を作ることもできます。(無水エタノールの分量によって変わります。精油の分量も増やすことが可能です)

|

« ギフトショー | トップページ | 3月の香り~ペパーミント »

コメント

いつもツイッターで御世話になってまーす(^^)
アロマを使った香水の類に興味があったので(つい先日ツイッターでつぶやいてたのよ)、とても参考になります~。ありがとう!

投稿: masakir | 2011年2月 8日 (火) 02時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328413/38769923

この記事へのトラックバック一覧です: 香水よりもアロマスプレー:

« ギフトショー | トップページ | 3月の香り~ペパーミント »