« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月22日 (金)

Photo: 光

Dsc_0247

夕日

Dsc_0287

朝日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

美白エッセンス

春先からの強い紫外線で、なんとなく顔のしみが気になり始める季節です。

9月下旬くらいまでは、油断ができない紫外線。
今からしみ対策をしましょう。

美白エッセンスレシピ

基材:・グリセリン ・マカデミアナッツオイル ・ローズウォーター

精油:・ローズマリー ・レモン ・セロリ ・カモマイル

夜寝る前に、お化粧水の後に使用してみてください。

*効果には個人差があります。また人によっては刺激を感じたり、皮膚炎症を起こす場合があります。こちらではレシピを紹介していますが、自己責任のもと、作製・使用してください。トラブルに関する一切の責任を負いません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

アロマスプレーで蟻退治

網戸が閉まっているのに、気付いたら家の中が蟻だらけ!

最初は1・2匹見かけたので、その場で退治していたのだが、気付いたらどんどん増えてくる。ぎょえ~と言っている間もなく、殺虫剤をと思ったが、蟻用の殺虫剤はない。

急遽、無水エタノールにペパーミントとティートリーを入れて、精製水で薄めてスプレー作成。

蟻はペパーミントが嫌い。以前、蟻の通り道にペパーミントを垂らしたら、そこを避けて通っていたので、本当かな?と思っていた。

今回はまさに実践!
スプレーしたところで見事に弱っていく蟻たち。スプレーの威力かと思ったけれど、そこによってきた蟻も、お亡くなりに。

夜中にアロマスプレーのパワーを実感した瞬間でした。
皆さまもいざというときのために、スプレーを!

…それにしてもその大量の死骸の処理が。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

Photo: 力強く

Dsc_0129

すごい目力に、思わずシャッターを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

Photo: 墨田の花火

Dsc_0179

「墨田の花火」
額あじさいの一種です。

花言葉: 愛情・クールな美しさ・移り気

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

七夕~青竹の香り

織姫と彦星が年に1度会うことを許された七夕の日。

機織りが上手だった織姫にちなんで、芸事の上達を祈ったのが七夕祭りの始まりといわれています。

本来旧暦の7月7日、新暦8月7日にお祝いされていたもので、実際は星が綺麗に見える時期でしたが、本日も東京は梅雨の真っただ中。今にも雨が降り出しそうな曇り空です。

もともとお盆祭りの一環で行われていたため、精霊の宿る笹をつかったとか?

笹の精油はないので、笹の代わりに代用される青竹の香りを、七夕にいかがでしょうか?

青竹はすっきりとした葉の香りを漂わせます。
イライラを沈め、神経疲労を改善させてくれます。関節炎やリウマチの痛みの緩和を助け、また皮膚の炎症を抑える効果もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

7月の香り~レモングラス

今年も残りの半年が始まりました。
年内にやろうと思っていたことも、そろそろ本格的に始めないと。といった時期でしょうか?

さて、今月の香りはレモングラスです。タイなどの東南アジア地域では、お料理にもふんだんに使われています。虫よけ効果も高いので、この時期活躍してくれる精油です。

今年は節電の夏。アロマテラピーは体感温度をさげてくれる役割や、寝苦しい夜を快適にすごす手助けをしてくれます。ぜひ活用してみてください。

7月の香り

レモングラス:lemongrass

 ~ 夏のだるさ解消に ~

レモングラスは暑い東南アジアの料理には欠かせないハーブで、トムヤムクンの他カレーなどに使われています。暑い地方では暑さによる心身の疲労回復などに有効と考えられ、高いリフレッシュ効果があります。また虫よけにもよく使われ、自作の虫よけスプレーなどを作ってみるのもよいかもしれません。筋肉の炎症やむくみを解消する作用もあるので、マッサージにも使えます。
香りが少し強いため、使用量を調整しながらお試し下さい。

心に:疲労感や不安感・ストレスの解消
身体に:消化を助け、胃腸の炎症を鎮める
肌へ:リンパの流れをよくしセルライトの除去。皮脂バランス。

 注意 
皮膚に刺激があるので、使い過ぎないように使用量にご注意下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »