« マスクに | トップページ | PHOTO: 二重の虹 »

2012年11月29日 (木)

スペインで見つけたアロマ

Dsc01001

南スペインの町のあちこちでみかけるサイプレスとビターオレンジ

どちらもアロマテラピーでは、とてもポピュラーなものです。
ただ残念なことに、スペインではアロマテラピーは根付いていないということで、専門のショップを見かけることもありませんでした。(ガイドさんが探してくれたのですが、精油はたまに薬局で数点取り扱っているだけのようです。マドリッドとかバルセロナなどにはあったのかもしれませんが、グラナダにあったショップは、ネロリもプチグレインも取り扱っていないとのこと)

アロマテラピーの仕事をしていて、精油に触れることはあっても、なかなか原料そのものに出会う機会は少なく、ヨーロッパに行くとサイプレスはあちらこちらで見かけるのですが、ビターオレンジ(ネロリ・プチグレイン)を見かけることはあまりありません。

今回も、町のあちらこちらに植えられている柑橘系の樹が、ビターオレンジと気づくまで時間がかかりました。ガイドさんの説明によると、秋から冬にかけて街路樹は葉が落ちるので、その時期に実をつけるオレンジが植えられているとのこと。ただ、あまりににがくて鳥も食べないし、たまにマーマレードを作るくらいしか役に立たないオレンジといわれているそうです。

ところが、数本の樹に狂い咲きの花が咲いていて、その花がネロリだったのです。そこで初めて、この無数にある街路樹のオレンジがビターオレンジであることが判明。お花を摘んで、枕元に置いて、実をとってお風呂に浮かべて。。。ぜいたくな時間を過ごすことができました。

こんな出会いができる旅も、楽しいですね。

Dsc00685

|

« マスクに | トップページ | PHOTO: 二重の虹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328413/48018594

この記事へのトラックバック一覧です: スペインで見つけたアロマ:

« マスクに | トップページ | PHOTO: 二重の虹 »