« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月21日 (月)

大寒


今日は大寒。 暦の上では、1年のうちで一番寒い日ですね。

日がでている時間は、それほど寒さを感じません でしたが、夜になると空気がひんやりしてきます 。風も冷たいので、身体の芯から冷えてしまいま すね。

こんな日は、ジンジャーティーを飲んだり、お風 呂に好きな香りを入れて、ゆっくりとお風呂タイ ムを楽しみながら、縮こまった身体を暖めましょ う。

今夜からまた雪が降るかもしれないといわれてい るので、今夜はお部屋にも香りを焚いて、心も暖 めてください。

おすすめの香り ラベンダー、マージョラム、ヒノキなど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

photo: 瓢湖の白鳥

昨年暮れに行った瓢湖の白鳥。
飛び立とうとしていたり、子供を守るように羽を広げていたり、短時間でしたが、様々な白鳥に出会えました。

Dsc_0139

Dsc_0140

Dsc_0141

Dsc_0156

Dsc_0149

Dsc_0173 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

七草粥

今日は七草粥をいただく日ですね。

お正月に疲れた胃を休める、無病息災を祈っていただくものです。中国から伝わり、平安時代から行われている行事だということ。

お正月の春の七草は、
せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ

青物が不足するこの季節に、栄養を考えて選ばれているものです。アロマテラピーとどう関係があるかというと、これらはどれもハーブです。
ハーブというのは、香りを持つ草花のことで、ひとつひとつ効能がある、日本古来の貴重なハーブの集まりですね。

昔からの伝統行事には、いろいろな意味があり、科学的根拠などといわずに、知恵がそれを理解し身体が求めていたのでしょうか。

今年は今日から仕事始めの人も多く、お正月休みで休んだ身体を起こすためにも、七草粥をいただくのもよいかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

1月の精油 ~プチグレイン

1年がとても早く感じますが、お正月というのは、なんとなく神聖な気持ちになり、新たにがんばっていこうという思いがします。

さて、今月紹介する精油はプチグレインです。
なかなかなじみのない精油かもしれませんが、ヨーロッパやアメリカを原産とするビターオレンジの枝葉から採取されます。
日本では鏡餅の上に飾られる橙と同じ品種。代々栄えるようにという意味が込められています。

プチグレイン(橙):Petitgrain

 ~ リラックスに ~

ネロリと同じビターオレンジの葉と若い小枝から抽出されます。「プチグレイン」はフルーティーなのにウッディーな香りで、「小さな枝」という意味。ビターオレンジンは、日本の橙。お正月の鏡モチに使われるもので、代々栄えるという気持ちが込められています。もともと粒のような果実から蒸留抽出されたことに由来しています。プレッシャーやストレスで押しつぶされそうな時に力強さを与えてくれ、情緒を鎮静させ、リフレッシュさせてくれます。リラックス作用も高く、筋肉の緊張を和らげてくれ、心身ともに休息を与えてくれます。行き詰りを感じたときや、気持ちを切り替えたいときに大活躍してくれそうです。

心に: ストレス緩和・神経衰弱・うつ緩和
身体に: 呼吸器系の感染症予防

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
2013年の引き続き、よろしくお願いいたします。

皆様にとりまして素敵な1年になりますように

Dsc_0553

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »