« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

花粉対策にアロマテラピーを

2月もあと1日になりました。
これまで寒いけれど澄み切っていた空気が一転、花粉やほこり、今年はPM2.5などの大気汚染が舞う季節へ移っていきます。

この時期つらいのは、花粉症などのアレルギー症状。1度花粉症になると、なかなか治すことはできず、対処療法に毎年頼ることになります。つまりは、薬の日々ということですね。

そこで、少しでも薬に頼らずに自己免疫をつけるためにも、アロマテラピーを利用してみてください。

以前にも書きましたが、経験からアロマテラピーによって、花粉症の症状がよくなりました。
今すぐに楽になるということではありませんが、少しづつ改善されていきました。個人差があるので、全員にというわけにはいきませんが、よい香りとともに、体質も改善されるとよいですよね。

<花粉症に効果のある精油>

ユーカリ・ティートリー・ラベンダー・レモン など

<使用例>

オイルマッサージ・スプレー・芳香浴 など

詳しくはHPをご覧ください
http://www.confiore.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

EU香料のアレルゲン物質指摘

欧州連合(EU)の消費者安全科学委員会(Scientific Committee on Consumer Safety、SCCS)が、最大で1500万人の肌にアレルギー反応を起こしたとみられる原料3種(を指摘した報告書を発表した。 「安全ではない」アレルゲン(アレルギー誘発物質)として指摘されたのは、「HICC」と、モス抽出物中に存在する「アトラノール(atranol)」と「クロロアトラノール(chloroatranol)」。いずれも、シャネル(Chanel)No. 5などの香水の原料として、木の香りをつけるために使われている。(Yahoo! news)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140214-00000062-jij_afp-int

香料を扱うアロマテラピーでは、無視できない記事内容でした。

EUのHPを見ると、3種ではなくatranolとchloroatranolの2種のみで、主にオークモスに多く含まれているものです。また、溶剤抽出法で抽出されたもので、基本的に日本ではあまり使われず、使用されたとしても、シャネルのように香水などの香りの深みをだすためのものだと思われます。

実際私も目にしたことがなく、どのような香りかわかりませんが、モスというのは苔という意味ですので、少量用いることによって、ほかの香りを引き出させるのだと思います。

天然のものはすべてが良いわけではなく、またすべての香料がアレルギーの原因物質になるわけでもありません。

以前、大手化粧品会社の化粧品が問題になりましたが、毎日自分の身体に使うものは、できるだけどんなものが使われているのかをわかっていると、トラブルがあった時に対処しやすくなります。

この規定がどこまで厳密化されるかわかりませんが、シャネルの香りが変わるかは、調香師しだいということになるのでしょうか?

http://ec.europa.eu/health/ph_risk/committees/04_sccp/docs/sccp_o_006.pdf#search='atranol'

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

photo: snowman

近所で出会った雪だるまたち。

とりあえず作ってみたけど~ってものから、力作まで。

<とりあえず作ってみました編>

Dscf2613

Dscf2622

Dscf2623

Dscf2643

<がんばりました編>

Dscf2629

Dscf2635

Dscf2638

Dscf2640

<番外編>

かまくら

Dscf2624

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

立春ですが

今日は立春で、もうすぐ春が来るという日ですが、それは暦の上だけの話でしたね。

関東地方でも夕方から雪が降り始め、かなり積もってきています。

この時期は、気温の変化も気圧の変化も激しい時期。
頭痛に悩まされる人も多いようです。
そんなときは、薬にばかり頼らず、好きな香りを嗅いで脳の神経を落ち着かせてあげてください。

気圧の変化は、血管の収縮を起こし、送られる血液の量の増減によって、それが頭痛につながることがあります。関節の痛みも、これに関係しているようです。また低気圧の時にはむくみやすくもなりますので、だるさを感じることがあります。

これから春までは、こんな状態が続きますので、体調管理にご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

2月の精油 ~ティートリー

2月になりました。この数日暖かい日が続いていましたが、また寒波がやってくるようです。

この季節は、まだまだ風邪やインフルエンザが流行っているうえに、花粉も飛び始めています。

ということで、精油としては定番ですが、今月の精油にはティートリーを選びました。
何事も予防が大切です。そのためのひとつとして、アロマテラピーを。

 

2月の香り

ティートリー:teatree

Melaleuca alternifolia

 ~ 風邪対策に ~

ティートリーは、オーストラリア原産の樹木。地元では万能薬としても知られ、薬品としても使用される精油です。ティートリー入りの歯磨き粉や石鹸はオーストラリアのお土産としても有名なようです。ティートリーは「Tea お茶」の文字が入っていますが、お茶とは全く別の種類です。
すっきりした香りは、冬のゆううつな気分を取り除いてくれます。強い殺菌効果や抗真菌力があり、免疫力をアップし、風邪対策や花粉症対策、インフルエンザの予防にも効果的です。にきびや水虫、傷痕にも有効です。一年中どんな状況でも使える精油ですので、常備しておくのもお勧めです。

 

心に:リフレッシュ
身体に:感染症予防。気管支系の痛み炎症緩和。
肌に:ニキビ・虫さされ・切り傷に

 注意 
まれにアレルギー反応を起こす方がいます。肌の敏感な方は十分注意してください

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

受験生へ

2月になりました。
今日から東京都の中学受験が本格的に始まります。

緊張でいつもの実力が出せないのは、とってももったいないことです。

この学校に通いたい!
ここで勉強したい!
この制服が着たい!

なんでもよいから、受かりたいという気持ちも胸に、マイナスなことは考えず、ゆっくり深呼吸をしてから、試験に望んでみてください。

私も中学受験をしました。朝から雪の降る寒い日。伝統校で古い校舎の母校は、廊下に七輪が置かれ、先輩が優しく案内をしてくれたのを思い出します。いつの時代の話だ!という感じですが、そのぴんと張り詰めた冷たい空気の中、優しい先輩方や先生の声や七輪の中でパチパチとなる音に、心が和んだ記憶があります。

他の人がとても出来るように思うけど、やってきた努力は自分だけが知っていること。他の人に負けてません。

さあ、胸を張って、春から通う道のりをゆっくりとかみしめながら、すすんで行ってください。
たとえ違う道になったとしても、それはまた、今のあなたに必要な道なのです。

がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »