« 2016年4月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年5月

2016年5月 7日 (土)

アロマセラピー:か☆花粉症

季節がずれてしまいましたが、花粉症対策にアロマセラピーを。

ゴールデンウィークを過ぎると、花粉症の症状もやっと落ち着いてくるという人が多いのではないでしょうか。それでも、夏や秋に花粉症を発症する人もいます。
今から根気よくアロマセラピーで対策をしてみましょう。

● 体験談 ●
「花粉症」なんて言葉が広がる前から、春先になるとくしゃみがとまらず、鼻がだらだら。 それが「花粉症」とわかってからは、あれが効くといわれれば試し、この薬がよいといえば飲み。。。という生活
そんななか7・8年前から本格的にアロマを勉強し、信じ続けていたら、 3年ほど前からくしゃみの回数が減り、本当にひどい日以外、薬も飲まなくなりました。
もちろん薬ではないので、人によって合う合わないはありますが、 少しづつでも薬を手放したい、楽になりたいと思うかた、参考にしてみてください

花粉の飛散時期は2月から5月といわれています。
予防も含めて今から始めることをお勧めします。



《かんたんレシピ》

~  マッサージオイル ~

・キャリアオイル(ホホバオイル・マカデミアナッツオイルなど植物油)

*予防用
  ・レモン ・ティートリー ・ラベンダー 

*飛散時期用
  ・ユーカリ ・ティートリー ・ペパーミント

*鼻がとまらない時用
  ・ペパーミント

 

● 使い方 ●

予防用・飛散時期用は、左鎖骨中心から胸全体に塗ってください。
(予防用は光毒性のあるレモンが含まれています。 使用後12時間程度は、使用箇所に直接紫外線があたらないように注意してください。)

お風呂上りなど体が暖まっている状態での使用をお勧めします。
鼻がとまらない時用は、鼻の周りに塗ってください。 小さな容器に入れて携帯すると便利です。



~  スプレー ~

・無水エタノール (全体量に対し5%)
・精製水 (全体量に対し95%)

*ルームスプレー
 ・レモン ・ユーカリ

*マスク用
 ・ペパーミント

*フェイス用
 ・ラベンダー ・パルマローザ ・サイプレス

 

● 使い方 ●

ルームスプレーは、お部屋の殺菌用に散布してください。
マスク用スプレーは、外に出る前にマスクやガーゼにスプレーをして使用してください。
フェイス用は、顔が痒いときや、お化粧水代わりに。
顔から30cm以上離してスプレーしてください。


● 注意 ●

  • 必ず100%天然の精油を使用してください。
  • 精油は必ず希釈して使用してください。AEAJでは1%を推奨しています。
  • 全員に合うとは限りませんので、ご自分で調整しながら行ってください。
  • 使用中に肌に異常が生じたりした場合は、即座に使用を中止し、必要であれば専門の医師に相談してください。
  • 傷や炎症部分には使用しないでください。
  • 医師の治療を受けている方や極度なアレルギーのある方は、医師に相談してください。
  • 作成したオイル等は、遮光瓶に入れ、できるだけ1か月程度で使い切ってください。
  • 小児やペットの手の届かないところに保管してください。

こちの記載情報によって、ご自身でブレンド等行った際に生じたトラブル等には、 一切責任は持ちません。
ご注意ください。あくまでも情報提供です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年12月 »