« 溶剤抽出法 | トップページ | 精油の品質 »

2018年6月14日 (木)

超臨界流体抽出法

精油学総論 製造法 
超臨界流体抽出法 


1970年代に開発された抽出法。
二酸化炭素のように常温では気体でも圧力をかけると液体化する溶剤と使用し、超高圧をかけて液体と気体の間の超臨界状態にする。
この状態のときに香りが強く吸着され、それを気体化させると精油だけが残る。
ほとんどのものから抽出できるが、一般的ではない。 


*AEAJ認定アロマテラピーインストラクターの試験に向けて、個人的にまとめたものです
*無断での記事の転載は禁止します 


http://confiore.net 
(c) conFiore All Rights Reserved 2006- 

|

« 溶剤抽出法 | トップページ | 精油の品質 »

アロマテラピー」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328413/73671029

この記事へのトラックバック一覧です: 超臨界流体抽出法:

« 溶剤抽出法 | トップページ | 精油の品質 »