« オーガニック | トップページ | 偽和 »

2018年6月18日 (月)

成分除去

精油学総論 品質 
成分除去 

刺激性の成分を除去したもの
代表的なもの
脱テルペン
柑橘系などに多く含まれる重合しやすいテルペン系炭素水素の一部を除去。
精油の劣化を抑える
脱フロクマリン
光毒性成分であるフロクマリン類の除去。
光毒性を回避するため
*AEAJ認定アロマテラピーインストラクターの試験に向けて、個人的にまとめたものです
*無断での記事の転載は禁止します 


http://confiore.net 

(c) conFiore All Rights Reserved 2006- 

|

« オーガニック | トップページ | 偽和 »

アロマテラピー」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1328413/73671089

この記事へのトラックバック一覧です: 成分除去:

« オーガニック | トップページ | 偽和 »