« 嗅覚から | トップページ | 皮膚から »

2018年8月28日 (火)

呼吸器から

精油学総論 経路 
呼吸器から 

呼吸とともに肺に入り込んだ精油成分は、酸素と二酸化炭素の交換をする器官である肺胞からの粘膜から血液に入る。
呼気とともに気管支から肺に入ると、痰をきったり咳を鎮めたり局部での効果が得られる。
一部の精油成分は、肺の一番奥に肺胞の薄い膜を透過して血液に入り、体内を循環する。

吸入による作用
肺の中の肺胞から血管系に入ることによる全身的な作用 

*AEAJ認定アロマテラピーインストラクターの試験に向けて、個人的にまとめたものです
*無断での記事の転載は禁止します 

http://confiore.net  (c) conFiore All Rights Reserved 2006-    

|

« 嗅覚から | トップページ | 皮膚から »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呼吸器から:

« 嗅覚から | トップページ | 皮膚から »