« 精油の安全性 | トップページ | 経皮毒性 »

2018年8月12日 (日)

経口毒性

精油学総論 安全性 
経口毒性 

経口とは内服のことである。
積極的に精油を引用する場合と誤飲の場合がある。
日本での経口は推奨されていない。AEAJでは経口を禁止している。

精油成分が消化器系から吸収され体内を循環し、肝臓や腎臓に重大な影響を及ぼしたり、神経組織に影響を与える神経毒性などが考えられる。
経皮吸収よりLD50値は低くなり、毒性が高くなる。
ほぼ100%吸収され、消化器を痛め、肝臓で解毒されるときや腎臓で処理されるときに毒
性が働く。 

*AEAJ認定アロマテラピーインストラクターの試験に向けて、個人的にまとめたものです
*無断での記事の転載は禁止します 

http://confiore.net  (c) conFiore All Rights Reserved 2006-    

|

« 精油の安全性 | トップページ | 経皮毒性 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経口毒性:

« 精油の安全性 | トップページ | 経皮毒性 »