« クエンチング効果 | トップページ | 経口毒性 »

2018年8月11日 (土)

精油の安全性

精油学総論 安全性 
精油の安全性 

精油は植物から抽出された有機化合物で、微量でも強い作用を持つ。
誤用すると害となる作用が発生する場合がある。

病気による禁忌もあり、使用中の薬との相互性もあるので、正当な医療を受ける機会を失わないように、必ず医師に相談する。
毒性や刺激があるものもある。
妊娠中、授乳中、乳幼児、てんかん症状、神経障害、高血圧、その他病気療養中の場合、特に注意が必要。
 

*AEAJ認定アロマテラピーインストラクターの試験に向けて、個人的にまとめたものです
*無断での記事の転載は禁止します 

http://confiore.net  (c) conFiore All Rights Reserved 2006-    

|

« クエンチング効果 | トップページ | 経口毒性 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 精油の安全性:

« クエンチング効果 | トップページ | 経口毒性 »