« 経皮毒性 | トップページ | 皮膚感作 »

2018年8月14日 (火)

皮膚刺激

精油学総論 安全性 
皮膚刺激 

皮膚表面から浸透した成分が、皮膚細胞や血管系に直接毒性反応を起こし、皮膚炎を生じさせる危険性。
弱い紅斑、強い紅斑、浮腫の形成などを引き起こす。
フェノール類・アルデヒド類に多い。
低濃度で使用する。
妊娠中、授乳中、乳幼児の場合は特に配慮が必要 

*AEAJ認定アロマテラピーインストラクターの試験に向けて、個人的にまとめたものです
*無断での記事の転載は禁止します 

http://confiore.net  (c) conFiore All Rights Reserved 2006-    

|

« 経皮毒性 | トップページ | 皮膚感作 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皮膚刺激:

« 経皮毒性 | トップページ | 皮膚感作 »